キャッシング
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06« 2017/07 »08

愛車のことはココで

漂流中~♪










アフィリエイトはアクセストレード
7年以上の運用実績
広告主は1400社以上の大手ASP

Ranking

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

TREview
blogram投票ボタン
r_bana_10.jpg
ブログのランキング★アクセスが増えるブログランキング登場!!

RSSリンクの表示


RSS新着情報

あし@



アクセスアップに!
無料ファミリー登録を!!

リンク

このブログをリンクに追加する

edita訪問者

edita.jp【エディタ】
口コミマーケティングをお考えならモニタープラザ

その他のツール


My Yahoo!に追加
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策



SEO対策
ドライブ 淡水魚 昆虫
 



コラブロ

珈琲まめ・・・

ADgger

アフィリエイト

グーバーウォーク

プロフィール

GC8-MASARU

Author:GC8-MASARU
愛車インプレッサ!
愛車でのドライブこそ生きがいだが、
なかなか出かけられない毎日。

そんなときには趣味があるさ。
ということで、
同居人のライギョのカム
蛾など昆虫採集
民具収集
小物・雑貨収集
など多趣味を交えて紹介する。

めくるめく蛾の世界
気ままDRIVE的!? チョウの世界
気ままDRIVE的!? 昆虫類つれづれ
気ままDRIVE的!? その他の生物図鑑
別館 気ままDRIVE
blogram投票ボタン

MicroAd



マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

rakuten-ad



Trend Match


最新記事

ニクキュ~!


ニャンコにはいい家具がお似合い?

最新コメント

Amazon

カテゴリ

無料HP作成ならココ!

アンケートモニタ募集!


マクロミルへ登録
新規モニター登録

月別アーカイブ

栽培中~♪

パプリカ栽培中です。
皆さんの「はげまし」「お世話」が鍵。
クリックヨロシクっ!!

スペシャルサンクス

grems

Blogつくるなら!

gooあしあと




ジオターゲティング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近なチョウ45 アオスジアゲハ vol.2 … 埼玉県所沢市勝楽寺 (狭山湖堰堤)

グリムスキーワード 京都議定書



10月16日朝、
狭山湖堰堤周辺を散策した。


堰堤の斜面のセイタカアワダチソウには、
アオスジアゲハがきて吸蜜していた。



hIMG_2429.jpg


長期にわたって目を楽しませてくれたアオスジアゲハも
この日以降ほぼ姿を見なくなった。


(撮影機材: デジイチ EOS Kiss Digital
        レンズ SIGMA 70-300 DG Macro)



hIMG_2430.jpg


アオスジアゲハ
Graphium sarpedon ssp. nipponum Fruhstorfer, 1903

目: チョウ目 Lepidoptera
上科: アゲハチョウ上科 Papilionoidea
科: アゲハチョウ科 Papilionidae
亜科: アゲハチョウ亜科 Papilioninae
族: アオスジアゲハ族 Graphiini
属: アオスジアゲハ属 Graphium
種: アオスジアゲハ G. sarpedon

学名: Graphium sarpedon Linnaeus, 1758

前翅長: 30~45mm
分布: 東アジア,東南アジア,オーストラリア北部 (15亜種)
   国内 (ssp. nipponum Fruhstorfer, 1903)
   ※ 本州以南 (東北地方南部が北限); 朝鮮半島
成虫出現期: 5~10月 (年3~4回発生)
幼虫食餌植物: クスノキ科植物 (葉)
越冬態: 蛹

翅は黒色、前翅と後翅に青緑色の帯が貫く。
この帯には鱗粉がなく、
鮮やかなパステルカラーに透き通る。
翅斑は雌雄ともによく似ているため、
雌雄の同定は生殖器で判断すべきである。

敏捷で飛翔力が高く、
樹木や花の周囲をめまぐるしく飛び回る。

雄は初夏から夏にかけて水辺に吸水集団を形成する。


(「Wikipedia アオスジアゲハ」抜粋・一部改変)



hIMG_2431.jpg


種名: アオスジアゲハ
撮影地点: 埼玉県所沢市勝楽寺 (狭山湖堰堤)
撮影日: 20101016
撮影: GC8-MASARU





本ブログ「気ままDRIVE」でのチョウ類検索は以下のリンクから!

   気ままDRIVE的 !? チョウの世界 (記事インデックス)





※ フィールドを持ち歩いての同定にはこちらがオススメ!

蝶 (新装版山溪フィールドブックス)蝶 (新装版山溪フィールドブックス)
(2006/05)
松本 克臣

商品詳細を見る

日本産蝶類標準図鑑日本産蝶類標準図鑑
(2006/08)
白水 隆

商品詳細を見る



※ よろしければ、ポチッと!
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
TREviewblogram投票ボタン

(今回のグリムスキーワードは、チョウ)
・・・キーワード探しは少しお休み!!

... Read more ▼
スポンサーサイト

春のチョウ1 キアゲハ … さいたま緑の森博物館 

グリムスキーワード 京都議定書



4月18日、
先日までの雨もあがり、
いい天気となったため、
再び「さいたま緑の森博物館」を訪れてみた。


目的はカワセミの観察。
今日は見つけられるだろうか?



P1160723.jpg



「さいたま緑の森博物館」、
狭山丘陵に育まれた里山環境をそのまま保全し、
ありのままの動植物を観察する事ができる
フィールド型のミュージアムだ。


img043omote01-02.jpg  さいたま緑の森博物館 Official Site




この日観察することのできたカワセミについては、
既に以下で紹介している。

P1160905-100.jpg  身近な野鳥7 カワセミ … さいたま緑の森博物館




以前4月10日の観察で
確認できた野鳥は既に以下で紹介している。

P1160726-100.jpg  身近な野鳥5 モズ … さいたま緑の森博物館

P1160778-100.jpg  身近な野鳥6 ウグイス … さいたま緑の森博物館



また、
確認できた昆虫は既に以下で紹介している。

P1160809-100.jpg  越冬するタテハチョウの仲間2 ヒオドシチョウ

P1160755-2-100.jpg  小さいながらしっかり美しい ムラサキシジミ

P1160822-100.jpg  越冬するタテハチョウの仲間3 キタテハ vol.2




放棄田を利用したビオトープに向かう雑木林を抜ける道中、
日当たりの良い斜面に
一面に咲き乱れるムラサキケマンの群落があった。


先週訪れたときは、
ムラサキケマンの花がまさに盛りで、
美しい赤紫色の絨毯のようであったが、
この日は花も終わりに近づき、
くすんだ色合いとなっていた。



P1160868.jpg


そんなムラサキケマンを見ていると、
黄色の目立つやや大きなチョウが待ってきた。


終わりかけのムラサキケマンの花から花へ飛び移りながら、
夢中で吸蜜している。


…キアゲハだ!


雨続きだったためか、
少し近づいても気にする様子もない…。



P1160868-2.jpg


これは絶好の撮影チャンス!
コンデジ片手にコチラも夢中で
キアゲハの行く先を撮影し続けた。


長い間静止することも多く、
いい写真を何枚も撮影することができた。


雨上がりにはこんな嬉しい出来事も待っていて、
嬉しいものだ。



P1160853.jpg



キアゲハ (黄揚羽)
Papilio machaon Linnaeus, 1758


界: 動物界 Animalia
門: 節足動物門 Arthropoda
綱: 昆虫綱 Insecta
目: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科: アゲハチョウ上科 Papilionoidea
科: アゲハチョウ科 Papilionidae
亜科: アゲハチョウ亜科 Papilioninae
族: アゲハチョウ族 Papilionini
属: アゲハチョウ属 Papilio
種: キアゲハ P. machaon

英名: Old World Swallowtail

和名表記: 黄揚羽

亜種: P. m. hippocrates
    P. m. oregonius
    P. m. orientis


概要

成虫の前翅長は4~6cmほど。
ナミアゲハとよく似ているが、
キアゲハは前翅のつけ根が
黒ずんだ色彩で塗りつぶされたようになっていて
ナミアゲハのような縞模様にはならない。
また、翅の中ほどは黒い線が細く、
和名どおり黄色みが強いので区別できる。

成虫は4月から10月頃まで、
年に2回~4回ほど発生する。
後述のように
海岸植物から高山植物までを含むセリ科植物を食草とするため
生息地も幅広く、海岸から市街地,農村,山地,
さらには高山帯までと、いろいろな場所で見られる。

幼虫の食草は、
セリ,ハマウド,シシウドなどのセリ科植物である。
葉だけではなく花序や若い果実をも好んで食べて育つ。
ニンジン,ミツバ,アシタバ,パセリなどの野菜も食草となるので、
これらが栽培される畑でも幼虫が見られる。
都会でも家庭菜園でパセリなどを栽培すると
たちまち成虫が産卵していき、幼虫を見ることができる。
幼虫は三齢まではナミアゲハと同様に鳥の糞に似せた保護色をしているが、
四齢幼虫では白地に黄色と黒の斑点模様の警戒色となる。
五齢幼虫ではさらに黄緑と黒のしま模様に変化し、
黒いしまの部分には橙色の斑点が乗る。

冬は蛹で越冬する。


分布

ヨーロッパからアジア,北米北西部にかけて広く分布する。
広い分布域の中でいくつかの亜種に分かれていて、
そのうち日本に分布するのは亜種 P. m. hippocrates とされる。
また、研究者によってはそれらの亜種を別種とすることもあり、
この場合日本産は P. hippocrates となる。

なお北アメリカには
よく似たアメリカキアゲハ(学名 Papilio zelicaon・英名 Anise Swallowtail)
が分布している。
英語ではこの2種を区別するため、
キアゲハを Old World Swallowtail(旧世界のアゲハ)と呼ぶ。


(出典: フリー百科事典『 Wikipedia キアゲハ 』)




P1160870.jpg


種名: キアゲハ
撮影地点: 埼玉県入間市宮寺地内(さいたま緑の森博物館)
撮影日: 20100418
撮影: G8-MASARU





本ブログ「気ままDRIVE」でのチョウ類検索は以下のリンクから!

   気ままDRIVE的 !? チョウの世界 (記事インデックス)





※ フィールドを持ち歩いての同定にはこちらがオススメ!

蝶 (新装版山溪フィールドブックス)蝶 (新装版山溪フィールドブックス)
(2006/05)
松本 克臣

商品詳細を見る

日本産蝶類標準図鑑日本産蝶類標準図鑑
(2006/08)
白水 隆

商品詳細を見る



※ よろしければ、ポチッと!
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
TREviewblogram投票ボタン

(今回のグリムスキーワードは、チョウ)
・・・キーワード探しは少しお休み!!



... Read more ▼

春に桧原村数馬で採集したアゲハチョウ オナガアゲハ (標本)

グリムスキーワード 京都議定書

4月29日に
東京都西多摩郡檜原村数馬で出会ったアゲハチョウ。
当時はよく見ないでクロアゲハとしていたが、
完成した標本をじっくり眺めていると・・・
クロアゲハにしては後翅の尾部が長すぎる・・・


・・・ってことで、
本個体は同じアゲハチョウ亜科アゲハチョウ属の
オナガアゲハに訂正しておく。


今回は、
標本資料ではあるが、
表裏両方を写真撮影した。


というのも、
後翅裏面に見られる赤色斑紋や、
翅全体の形状などは、
体内に毒をもつジャコウアゲハのそれに擬態したのもであるというためだ。


腹部の赤色部はないものの、
翅の模様や雰囲気はよくトレースされている。
こうした、敵に狙われにくい特徴をもつ種への擬態を
特に「ベーツ擬態」と呼んでいる。



【カテゴリ】 ドライブ記録 
     東京の山奥 !? 檜原村数馬にいってきた !



ジャコウアゲハに対しての「ベーツ擬態」が認められる種は、
他にアゲハモドキガ科のアゲハモドキがある。


 ○ アゲハモドキ Epicopeia hainesii hainesii Holland, 1889
     めくるめく蛾の世界49 アゲハモドキ
     めくるめく蛾の世界135 アゲハモドキ (幼虫)
     めくるめく蛾の世界164 アゲハモドキ (成虫)



また、
シロオビアゲハの♀の「ベニ紋型」は、
ジャコウアゲハ族(Troidini)に属し、
ジャコウアゲハと同様に幼虫時代の食餌植物である
ウマノスズクサ科植物の毒を体内に残す
ベニモンアゲハPachliopta aristrochiae)に擬態している。
これもいわゆる「ベーツ擬態」である。


 ○ シロオビアゲハ Papilio polytes Linnaeus, 1758 (亜熱帯
     亜熱帯のチョウ2 シロオビアゲハ




【オナガアゲハ/翅表♂(春型)】
P1150810.jpg


オナガアゲハ 
Papilio macilentus Janson, 1877

目: 鱗翅目 Lepidoptera
上科: アゲハチョウ上科 Papilionoidea
科: アゲハチョウ科 Papilionidae
亜科: アゲハチョウ亜科 Papilioninae
属: アゲハチョウ属 Papilio
種: オナガアゲハ P. macilentus

国内分布:
    北海道,本州,四国,九州,利尻島,奥尻島,佐渡島,小豆島,隠岐諸島;
    (但し、北海道の道東・道北の一部には分布しない)
成虫出現期:
    春~秋 (年2回程度発生)
越冬態: 蛹
    (短日条件で飼育すると休眠蛹となる)
幼虫食餌植物 (食草):
    ミカン科: 主にコクサギ
          他に カラスザンショウ,サンショウ,イヌザンショウ,カラタチなど

アゲハチョウよりやや大きめの黒い蝶。
翅が引き延ばされたように細くスマートで、
夏には吸水集団を形成し、
秋になると花から花へ駈けるように飛ぶ姿が印象的。

後翅前縁にある白斑は性標で、雄のみが持つ。
羽化時は白いが、徐々に黄味を帯びてくる。

春、サクラの花が散り終えるころから発生し、
秋の中ごろまで見られる。
ツツジ,ヒガンバナ,クサギなどで吸蜜しているのを見ることが出来る。


ジャコウアゲハに擬態していると言われる。
  クロアゲハともよく似るため注意が必要。


(「Wikipedia オナガアゲハ」抜粋・加筆・一部改変)



【オナガアゲハ/翅裏♂(春型)】
P1150809.jpg


種名: オナガアゲハ (♂・春型)
採集地点: 東京都西多摩郡檜原村数馬
採集日: 20090429
採集: GC8-MASARU





気ままDRIVE的 !? チョウの世界 (記事インデックス)





※ ちなみに、オナガアゲハが擬態するジャコウアゲハとは、・・・
jyakou_ageha♂ジャコウアゲハ(♂)
Atrophaneura alcinous

前翅長45~65mm
幼虫はウマノスズクサ類を食べる。
ウマノスズクサ類には、アルカロイドの一種のアリストロキア酸が含まれる。
幼虫時代にこの葉を食べることで、体内に蓄積される。
これは成虫になっても体内に残るため、経験的な防御策として有効となる。






※ フィールドを持ち歩いての同定にはこちらがオススメ!

蝶 (新装版山溪フィールドブックス)蝶 (新装版山溪フィールドブックス)
(2006/05)
松本 克臣

商品詳細を見る

日本産蝶類標準図鑑日本産蝶類標準図鑑
(2006/08)
白水 隆

商品詳細を見る

※ よろしければ、ポチッと!
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
TREviewblogram投票ボタン

(今回のグリムスキーワードは、チョウ)
・・・キーワード探しは少しお休み!!
... Read more ▼

人家周辺でよく見られるチョウ ナミアゲハ

グリムスキーワード 京都議定書

8月28日朝の散策時、
林縁の道端にアゲハチョウを見つけた。
ヤマノイモの葉につかまって、
終始静止状態であったため、
翅表の観察はできなかった。


・・・羽化直後だったのだろうか・・・?


いずれにしろ、
翅裏からの全体の雰囲気から、
翅表が全体的に黒っぽく感じられたため、
ナミアゲハに同定してみた。


この状態だとナミアゲハとキアゲハの区別は難しいことに気がついた。


・・・う~ん・・・


いずれにしても、
人家周辺などでもよく見かけることの多い、
馴染み深いチョウである。



P1140883.jpg


ナミアゲハ
Papilio xuthus Linnaeus, 1767

目: チョウ目 (鱗翅目) Lepidoptera
上科: アゲハチョウ上科 Papilionoidea
科: アゲハチョウ科 Papilionidae
亜科: アゲハチョウ亜科 Papilioninae
族: アゲハチョウ族 Papilionini
属: アゲハチョウ属 Papilio
種: ナミアゲハ P. xuthus

前翅長: 40~60mm
※ 春に発生する個体(春型)は夏に発生する個体(夏型)よりも小さい。
分布: 国内: 全国 (北海道~南西諸島);
    国外: 台湾、中国、朝鮮半島、沿海地方
※ ハワイ諸島で帰化、柑橘類の害虫となる。
  これらはハワイで唯一のアゲハチョウ。
成虫出現期: 3~10月 (2~5回発生)
幼虫食餌植物 (食草) :
   ミカン科植物: ミカン,カラタチ,サンショウなど

翅は黒地に黄白色の斑紋や線が多数入る。
さらに後翅には水色や橙色の斑紋もあり、
尾状突起の内側には橙色の円形の斑点がある。
この橙色の斑点は目玉模様(眼状紋)としての役割をもち、
鳥などから頭を守る役割があると考えられている。

外見はキアゲハによく似ているが、
ナミアゲハは翅の根もとまで黄白色の線が入り、
全体的に黒い部分が太い。


(「Wikipedia ナミアゲハ」抜粋・一部改変)



P1140885.jpg


種名: ナミアゲハ (アゲハチョウ)
撮影地点: 埼玉県所沢市上山口地内
撮影日: 20090828 07:27
撮影: G8-MASARU





気ままDRIVE的 !? チョウの世界 (記事インデックス)





※ フィールドを持ち歩いての同定にはこちらがオススメ!

蝶 (新装版山溪フィールドブックス)蝶 (新装版山溪フィールドブックス)
(2006/05)
松本 克臣

商品詳細を見る

日本産蝶類標準図鑑日本産蝶類標準図鑑
(2006/08)
白水 隆

商品詳細を見る

※ よろしければ、ポチッと!
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
TREviewblogram投票ボタン

(今回のグリムスキーワードは、チョウ)
・・・キーワード探しは少しお休み!!
... Read more ▼

青く輝く翅が美しい! アオスジアゲハ

グリムスキーワード 京都議定書

本日9月1日朝、
台風一過で風雨のおさまった周囲の散策に出た。


日当たりのよいヤブガラシ他の花が咲く地点には、
多くのチョウが集まっていた。


その中にメタリックなブルーに輝く
アオスジアゲハがいた。



P1150120.jpg


アオスジアゲハは、
春先ころから何度も見かけていたが、
カメラを持ち合わせていなかったなどタイミングが悪く、
また、強い飛翔力によって敏捷に飛び回る事から、
撮影する事ができなかった。


今回は、
花から花へとめまぐるしく飛び回ってはいたが、
この地点に長時間留まっていたために、
なんとかカメラに収めることができた。



P1150123.jpg


アオスジアゲハ
Graphium sarpedon ssp. nipponum Fruhstorfer, 1903

目: チョウ目 Lepidoptera
上科: アゲハチョウ上科 Papilionoidea
科: アゲハチョウ科 Papilionidae
亜科: アゲハチョウ亜科 Papilioninae
族: アオスジアゲハ族 Graphiini
属: アオスジアゲハ属 Graphium
種: アオスジアゲハ G. sarpedon

学名: Graphium sarpedon Linnaeus, 1758

前翅長: 30~45mm
分布: 東アジア,東南アジア,オーストラリア北部 (15亜種)
   国内 (ssp. nipponum Fruhstorfer, 1903)
   ※ 本州以南 (東北地方南部が北限); 朝鮮半島
成虫出現期: 5~10月 (年3~4回発生)
幼虫食餌植物: クスノキ科植物 (葉)
越冬態: 蛹

翅は黒色、前翅と後翅に青緑色の帯が貫く。
この帯には鱗粉がなく、
鮮やかなパステルカラーに透き通る。
翅斑は雌雄ともによく似ているため、
雌雄の同定は生殖器で判断すべきである。

敏捷で飛翔力が高く、
樹木や花の周囲をめまぐるしく飛び回る。

雄は初夏から夏にかけて水辺に吸水集団を形成する。


(「Wikipedia アオスジアゲハ」抜粋・一部改変)



P1150125.jpg


種名: アオスジアゲハ
撮影地点: 埼玉県所沢市上山口地内
撮影日: 20090901 07:54
撮影: G8-MASARU





※ フィールドを持ち歩いての同定にはこちらがオススメ!

蝶 (新装版山溪フィールドブックス)蝶 (新装版山溪フィールドブックス)
(2006/05)
松本 克臣

商品詳細を見る

日本産蝶類標準図鑑日本産蝶類標準図鑑
(2006/08)
白水 隆

商品詳細を見る

※ よろしければ、ポチッと!
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
TREview
おきてがみ


(今回のグリムスキーワードは、チョウ)
・・・キーワード探しは少しお休み!!
... Read more ▼
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。