キャッシング
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

愛車のことはココで

漂流中~♪










アフィリエイトはアクセストレード
7年以上の運用実績
広告主は1400社以上の大手ASP

Ranking

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

TREview
blogram投票ボタン
r_bana_10.jpg
ブログのランキング★アクセスが増えるブログランキング登場!!

RSSリンクの表示


RSS新着情報

あし@



アクセスアップに!
無料ファミリー登録を!!

リンク

このブログをリンクに追加する

edita訪問者

edita.jp【エディタ】
口コミマーケティングをお考えならモニタープラザ

その他のツール


My Yahoo!に追加
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策



SEO対策
ドライブ 淡水魚 昆虫
 



コラブロ

珈琲まめ・・・

ADgger

アフィリエイト

グーバーウォーク

プロフィール

GC8-MASARU

Author:GC8-MASARU
愛車インプレッサ!
愛車でのドライブこそ生きがいだが、
なかなか出かけられない毎日。

そんなときには趣味があるさ。
ということで、
同居人のライギョのカム
蛾など昆虫採集
民具収集
小物・雑貨収集
など多趣味を交えて紹介する。

めくるめく蛾の世界
気ままDRIVE的!? チョウの世界
気ままDRIVE的!? 昆虫類つれづれ
気ままDRIVE的!? その他の生物図鑑
別館 気ままDRIVE
blogram投票ボタン

MicroAd



マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

rakuten-ad



Trend Match


最新記事

ニクキュ~!


ニャンコにはいい家具がお似合い?

最新コメント

Amazon

カテゴリ

無料HP作成ならココ!

アンケートモニタ募集!


マクロミルへ登録
新規モニター登録

月別アーカイブ

栽培中~♪

パプリカ栽培中です。
皆さんの「はげまし」「お世話」が鍵。
クリックヨロシクっ!!

スペシャルサンクス

grems

Blogつくるなら!

gooあしあと




ジオターゲティング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めくるめく蛾の世界3 クスサン

趣味の蛾の世界について・・・その3回目・・・
「大きな蛾」の続きを書いておく。
ヤママユガ科は、種類が少なく、わかりやすいので集めやすい。

ヤママユガ科の2種目として、「クスサン」をあげておく。
学名は、Saturnia japonica japonica(Moore, 1872)。
開張は、100-130mmとやはり大きく、雄に比べて雌がとくに大きい特徴がある。
その多くを採集した新潟県中魚沼郡においては、
大量発生する年が周期的に訪れ、
夜灯火に大量に集まる習性から「モスラ」などと呼ばれて嫌われていた。
成虫の出現は9~10月。
幼虫は、ブナ科、バラ科をはじめとして、実にさまざまな樹木の葉を食べる。
とくにブナ科クリ属のクリの葉が好物のようで、
大発生の年にはクリの木が次々に坊主になるなどの被害があった。
また、
次の木へと大群で列を成して道の上を移動する姿を
何度も目撃することができたほどである。
この幼虫は、
非常に長毛の大きないわゆる「毛虫」で、
終齢幼虫はその姿から「シラガタロウ」などの愛称で呼ばれていた。
繭は、太く強い糸から網目状の大きなものをつくる。
これはその姿から「スカシダワラ」などと呼ばれる。
この糸は、非常に強く太いことから、
以前は、生体の幼虫の尾部からこの糸を引き出し、
伸ばすことでテグス(テングス)などとして、釣糸などに用いられていた。

002-0009_P1100116_web.jpg

種名:クスサン(♂)
採集地点:新潟県中魚沼郡津南町高野山採集繭(同町卯ノ木地内羽化)
採集日:20070914
採集:中津川流域の自然環境総合調査サポートチーム

002-0017_P1100147_web.jpg

種名:クスサン(♀)
採集地点:長野県飯山市柏尾地内
採集日:20070929
採集:中津川流域の自然環境総合調査サポートチーム

ヤママユもクスサンも、
何もない時代に人間が自然界からその価値を見出し、
その知恵と経験、
業などによって生活の中に用いられてきた生物である。
これらの貴重な生物が生存できる環境を
人間生活と並行しつつ残していきたいものである。

スポンサーサイト
今日のカム | HOME | めくるめく蛾の世界2 ヤママユ

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/20(土) 04:57:14 | | # [ Edit ]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

クスサン  Saturnia japonica japonica (Moore, 1872) 幼虫が大発生し、樹木の葉を食べつくしてしまうことがある。 幼虫の別名は、その姿から「シ...
2009/02/21(土) 12:59:40 | 別館 気ままDRIVE
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。