キャッシング
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

愛車のことはココで

漂流中~♪










アフィリエイトはアクセストレード
7年以上の運用実績
広告主は1400社以上の大手ASP

Ranking

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

TREview
blogram投票ボタン
r_bana_10.jpg
ブログのランキング★アクセスが増えるブログランキング登場!!

RSSリンクの表示


RSS新着情報

あし@



アクセスアップに!
無料ファミリー登録を!!

リンク

このブログをリンクに追加する

edita訪問者

edita.jp【エディタ】
口コミマーケティングをお考えならモニタープラザ

その他のツール


My Yahoo!に追加
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策



SEO対策
ドライブ 淡水魚 昆虫
 



コラブロ

珈琲まめ・・・

ADgger

アフィリエイト

グーバーウォーク

プロフィール

GC8-MASARU

Author:GC8-MASARU
愛車インプレッサ!
愛車でのドライブこそ生きがいだが、
なかなか出かけられない毎日。

そんなときには趣味があるさ。
ということで、
同居人のライギョのカム
蛾など昆虫採集
民具収集
小物・雑貨収集
など多趣味を交えて紹介する。

めくるめく蛾の世界
気ままDRIVE的!? チョウの世界
気ままDRIVE的!? 昆虫類つれづれ
気ままDRIVE的!? その他の生物図鑑
別館 気ままDRIVE
blogram投票ボタン

MicroAd



マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

rakuten-ad



Trend Match


最新記事

ニクキュ~!


ニャンコにはいい家具がお似合い?

最新コメント

Amazon

カテゴリ

無料HP作成ならココ!

アンケートモニタ募集!


マクロミルへ登録
新規モニター登録

月別アーカイブ

栽培中~♪

パプリカ栽培中です。
皆さんの「はげまし」「お世話」が鍵。
クリックヨロシクっ!!

スペシャルサンクス

grems

Blogつくるなら!

gooあしあと




ジオターゲティング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めくるめく蛾の世界22 クロホウジャク

趣味の蛾の世界について・・・その22回目・・・
戦闘機のような格好が美しいスズメガ科の11回目となる。

今日も、スズメガ科の中でも小型の種であるホウジャク亜科を紹介する。
前回のセスジスズメに続いて今回はクロホウジャクである。

胴体は濃茶色をなし、体側は黄色の縞がはいる。
前翅は濃茶色を基色とし、茶色の縞状の模様がある。
後翅外縁は濃茶~黒色を基色とし、内側が鮮やかな黄色となる。
全体的にホシホウジャク(その17)に似ているが、本種の方がより大きい。
但し、一概に大きさだけで判断するのは危険なため、
前翅先端付近にみられる模様や後翅の黄色の帯紋を用いて区別する。

ちなみに活動は夜間が多いようである。
捕獲した個体はいずれも夜間の灯火採集であった。

さて、そのクロホウジャクであるが、・・・
学名は、Macroglossum saga Butler, 1878。
スズメガ科(Sphingidae)のホウジャク亜科(Macroglossinae)に属する。
開張は、52~65mmとスズメガ科の中でも中型から小型の部類である。
全国的に広く分布する一般種である。
成虫の出現は、6~9月である。
幼虫は、ユズリハ科のユズリハの葉を食べるとされる。

P1080592.jpg

種名:クロホウジャク
採集地点:新潟県中魚沼郡津南町結東地内
(夜間灯火採集)
採集日:20080628
採集:中津川流域の自然環境総合調査サポートチーム



スポンサーサイト
群馬でであったフェラーリ | HOME | エコなブログパーツ gremz (追記)

COMMENT

うお~ホウジャク続きで嬉しい~。カッコよすぎます・・。
魅力に気付いたのが最近で、今まで沢山ホウジャクをスルーしてきた事が悔やまれます。
クワガタの灯下採集時に見つける事も多かったのになぁ。
今年のシーズンはクワガタ、蝶、蛾で忙しくなりそうです!

ところでまた質問なんですけど、蛾の標本って油が出やすくないですか?
初めて作った蛾の標本、(ウスタビガです)油が表面に出てしまって仕方なく裏展翅にしたんですが。
軟化の際、グスグスにしすぎたのかなぁ・・。
何か対策などありますでしょうか?


2009/01/14(水) 05:01:21 | URL | ムム #- [ Edit ]
存在感ありますなあ。
こうしてみると、ほんと蛾にも沢山の種類が存在するんですね~。
眺めてると楽しいです。
2009/01/14(水) 08:22:21 | URL | シンジロウ #- [ Edit ]
>ムムさん
ムムさん、訪問&コメントありがとうです。

ホウジャクはそろそろネタが尽きてきました・・・(笑)
スカシバなどは、まだいるんですが。
ウチスズメ・スズメの方に少し戻ることになるかもしれません。
うんうん。・・・シーズンが待ち遠しいですね!

> 蛾の標本って油が出やすくないですか?
同じ種類でも、出る場合と出ない場合があるみたいです。
これは、何故かはわからないのですが・・・。
それなので、1種あたり複数個体採集して、
展翅するようにしています。
油を防ぐ手段は、今のところない状態です・・・>_<

折角の個体なんで綺麗に展翅されて欲しいんですけどね・・・。

2009/01/14(水) 09:31:45 | URL | マサルさん #- [ Edit ]
>シンジロウさん
シンジロウさん、訪問&コメントありがとうです。

> こうしてみると、ほんと蛾にも沢山の種類が存在するんですね~。

そうなんですよ・・・。
蛾には、国内で分類されているだけで6,000種以上がいるとのことです。
未分類種が分類されてくると、さらにとんでもない数字になると思います。
チョウが170~180種ですから、
その違いは歴然としてますよね!

全て集めたいのですが、
なかなかこれだけの種を集めることは難しいと思います。

でも、綺麗なので、
持っている標本はほとんどのせていきたいと思います。
これからものぞいてやってください。

2009/01/14(水) 09:42:10 | URL | マサルさん #- [ Edit ]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。