キャッシング
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

愛車のことはココで

漂流中~♪










アフィリエイトはアクセストレード
7年以上の運用実績
広告主は1400社以上の大手ASP

Ranking

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

TREview
blogram投票ボタン
r_bana_10.jpg
ブログのランキング★アクセスが増えるブログランキング登場!!

RSSリンクの表示


RSS新着情報

あし@



アクセスアップに!
無料ファミリー登録を!!

リンク

このブログをリンクに追加する

edita訪問者

edita.jp【エディタ】
口コミマーケティングをお考えならモニタープラザ

その他のツール


My Yahoo!に追加
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策



SEO対策
ドライブ 淡水魚 昆虫
 



コラブロ

珈琲まめ・・・

ADgger

アフィリエイト

グーバーウォーク

プロフィール

GC8-MASARU

Author:GC8-MASARU
愛車インプレッサ!
愛車でのドライブこそ生きがいだが、
なかなか出かけられない毎日。

そんなときには趣味があるさ。
ということで、
同居人のライギョのカム
蛾など昆虫採集
民具収集
小物・雑貨収集
など多趣味を交えて紹介する。

めくるめく蛾の世界
気ままDRIVE的!? チョウの世界
気ままDRIVE的!? 昆虫類つれづれ
気ままDRIVE的!? その他の生物図鑑
別館 気ままDRIVE
blogram投票ボタン

MicroAd



マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

rakuten-ad



Trend Match


最新記事

ニクキュ~!


ニャンコにはいい家具がお似合い?

最新コメント

Amazon

カテゴリ

無料HP作成ならココ!

アンケートモニタ募集!


マクロミルへ登録
新規モニター登録

月別アーカイブ

栽培中~♪

パプリカ栽培中です。
皆さんの「はげまし」「お世話」が鍵。
クリックヨロシクっ!!

スペシャルサンクス

grems

Blogつくるなら!

gooあしあと




ジオターゲティング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山のトンボ17 オニヤンマ … 埼玉県入間市宮寺地内 (さいたま緑の森博物館)

グリムスキーワード 京都議定書



8月28日朝、
さいたま緑の森博物館に行った。


朝からもの凄くいい天気。


もちろん気温もどんどん上昇中…(;´Д`A ```



IMG_0976.jpg


アカハネナガウンカを観察した
西久保湿地のヨシ原では、
往復飛行するオニヤンマを見つけた。


しばらくすると、
枯れかけたヨシの茎部にぶら下がるようにとまった。



IMG_0977.jpg


夏の盛りにオニヤンマを観察したときには、
往復飛行を延々と続け、
止まる気配は見えなかった。


…疲れてきているのだろうか…?


撮影していると飛び去ってしまったが、
またしばらくすると近くのヨシに静止していた。


(撮影機材: デジイチ EOS Kiss Digital
        レンズ SIGMA APO MACRO 180mm F3.5 DG /HSM)



IMG_0979.jpg


オニヤンマ
Anotogaster sieboldii Sélys, 1854


界: 動物界 Animalia
門: 節足動物門 Arthropoda
綱: 昆虫綱 Insecta
目: トンボ目 Odonata
亜目: トンボ亜目 (不均翅亜目) Anisoptera
科: オニヤンマ科 Cordulegastridae
属: オニヤンマ属 Anotogaster
種: オニヤンマ A. sieboldii

英名: Golden-ringed dragonfly


オニヤンマ(鬼蜻蜓,馬大頭,Anotogaster sieboldii)は、
トンボ目・オニヤンマ科に分類されるトンボの一種。
日本最大のトンボとして知られる。
学名の種名"sieboldii" は、
日本の生物研究に功績を残した
フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトに対する献名である。


特徴

成虫の腹長は♂70mm・♀80mm、
後翅長は♂55mm・♀65mmほど。
頭部から腹の先端までは9~11cmほどに達する。
♀は♂より大きく、尾部に産卵弁が突き出る。

左右の複眼は頭部中央でわずかに接する。
生体の複眼は鮮やかな緑色だが、
標本にすると黒褐色に変色してしまう。
体色は黒だが、
胸の前に「ハ」の字模様,胸の側面に2本の斜め帯,
腹の節ごとに1本の細い横しまと、体の各所に黄色の模様が入る。

なお、
コオニヤンマ Sieboldius albardae Sélys,1886 は、
名前に「オニヤンマ」とあるが、
オニヤンマ科ではなくサナエトンボ科に分類される。
成虫の複眼が頭部の左右に離れて接しないことや、
幼虫は体が上から押しつぶされたように平たくて円盤状をしており、
渓流の石につかまって生活することはサナエトンボ科の特徴である。
また頭部の小ささや後足の長さなど、
一目見てもオニヤンマとは決して似ていない。
オニヤンマは(オニヤンマ科であり)ヤンマ科でないことと併せて、
分類上注意が必要である。


分布と地域変異

北海道から八重山諸島まで、日本列島に広く分布する。
本土では市街地から少し外れた小規模な河川でみられるなど、
かなり広範囲に生息している。
一方南西諸島では河川の発達した限られた島々に分布し
吐噶喇列島・徳之島・慶良間諸島・宮古列島などには分布せず、
分布する島々でもそれほど個体数は多くなく
特に沖縄本島では個体数が少ない。

地域個体群によって体の大きさや体色に差異がある。
例えば北海道、御蔵島、屋久島、鹿児島県黒島産などは
体長8cmほどと他地域より小型になることが知られる。
また奄美大島以南のものは♂の複眼が青緑色で、
♂♀とも腹部の黄色が腹面で広がる
(奄美大島産はオレンジ色を帯びる)などの変異がある。
八重山諸島のものは♂は腹部の形が他の日本産のものと明らかに違い、
♀は翅の付け根が顕著にオレンジ色を帯びるなど、
共に一目でわかる違いがある。


生態

成虫がよく見られるのは、
水のきれいな小川の周辺や森林のはずれなど日陰の多い涼しい場所だが、
活動域は広く平地の湿地から山間部の渓流まで見られる。
これらに隣接する都市部にも出現し、人々を驚かせることもある。
一方南西諸島では生息域が山地の源流部とかなり局限される。

成虫は6~9月頃に発生し、
未熟時期には山頂付近や丘陵地の林道などでよく目撃され、
また、都市部では車道や歩道に沿って飛行する姿を見かける。
成熟すると流水域に移動して、
♂は流れの一定の区域を♀を求めて往復飛翔する。
従来、この往復飛翔は縄張り維持とされていたが、
最近の研究で、♂は羽ばたくものはすべて♀と見なしてしまい、
出会う♂を♀と見なして追いかけ、縄張り維持でないことがわかった。
この羽ばたくものを♀と見なす行動は成熟したオスに見られるもので、
他には回転しているもの(扇風機や円盤や製材所のノコギリなど)や
ブラウン管テレビの映像にも反応して、
その前でホバリングしたり周囲を回ったり、たまにぶつかったりする。
製材所では製材中にノコギリにからみついて
バラバラになることが日経のコラムで紹介されている。
また、水の小さな落ち込みに日が差した時にも反応したことが報告されているので、
光のフラッシュを♀の羽ばたきと認識してしまうようである。

この性質を利用して、
色々の色の回転円板を利用して色覚を実験したところ、
緑色に最も高い反応を示した。
つまり、オニヤンマは緑色までしか見えないと言える。
また、円板のサイズは大きい程♂の反応が高く、
♀が大きい程♂を引きつけることを示唆しており、
トンボでは異例な♀が♂よりも大きい理由と推定される。

大柄にもかかわらず飛行中の体温は他のヤンマ類と同じか若干低めで40℃前後、
パトロール速度は平均して2m/秒で、
朝晩の気温の低いときは速く、日中の気温が高いと遅くなる。
また、パトロール時の水面からの飛行高度は概ね20㎝以下で、
気温が低くなる時期には飛行高度は低くなる。
これは地面効果を利用しているからで、
体温調節と飛行に要するエネルギー消費を
バランスさせてパトロールしているといえる。

草木に止まって休むときは、
ふつうのトンボのように腹を水平方向に持ち上げて止まることはなく、
他のヤンマ類同様脚の爪を草木に引っかけて大きな体をぶらさげる体勢をとる。

上に書いたように本種に限らず、
トンボ類は家庭で使用する扇風機などの
回転体にしばしば反応して接近するものがあるが、
本種の採集方法の一つにひもの先に
小石などをくくりつけたものをぐるぐる回して採集する技法が知られている。
このことから、トンボは大きな複眼を持っているので動体視力は抜群に良いが、
それにもかかわらず視力が低く、きちんとものを見分けられないことが示唆される。
ちなみにこの方法で採集できるものは♂が殆どで、
動かなければ見分けられないので、
♀の場合は回転するものは捕食者と認識して動かなくなる。
トンボの前に指をぐるぐる回すと簡単に捕れるというのは
この性質を利用したものである。

トンボ一般に同じく食性は肉食性で、
ガ、ハエ、アブ、ハチなどを空中で捕食する。
大顎の力も強く、
咬まれると出血することもあるので捕獲した際などは注意が必要である。
一方、天敵は鳥類、コウモリなどだが、
オオスズメバチや自分より小さいシオヤアブに捕食された記録もある。


生活史

オニヤンマの♂は流れの一定区域をパトロールし、
侵入する同種個体に接触をはかる。
♂に出会うと激しく追いかけて排除し、
♀に出会うと捕まえて交尾をおこなう。

交尾の終わった♀は♂から離れ、
単独で水のきれいな小川や湧き水の流れ込む水たまりなどに向かう。
産卵が行われ幼虫が育つ水域は大規模な河川や湖沼ではなく、
巨大な体に似合わず小規模で緩やかに水が流れ、
あるいは入れ替わる小水域である。
♀は適度な産卵場所を見つけると、体を立てて飛びながら、
ストンと体を落下させるようにして
水際ぎりぎりの浅い水底の柔らかい泥や砂の中に
産卵弁を腹の先ごと何度も突き立てる動作を行う。
泥に産卵弁が突き立った瞬間に、泥の中に産卵する。

卵は1ヶ月ほどかかって孵化する。
孵化した幼虫(ヤゴ)は半透明の白色で、
成虫のような翅がなく、腹部も短い。
オニヤンマのヤゴは、ヤンマ類とは異なり、
途中にくびれがなく、足も太短く、全身に細かい毛が生えている。
幼虫は水底の砂泥に浅く潜って泥に同化し、
目だけを出して獲物を待ち伏せる。
獲物が上を通りかかると、
鋏がついた下唇を伸ばしてすばやく捕獲し、大顎で齧って食べる。
最初はミジンコやアカムシ、ボウフラなどを捕食するが、
やがてオタマジャクシや小魚、他のヤゴなどを捕食するようになり、
えさが少ないと共食いもして、強いものが大きくなる。

オニヤンマが成虫になるまでの期間は5年といわれ、
その間に10回ほど脱皮する。
脱皮を繰り返し成長した幼虫は、複眼が斜め上に飛び出し、
下唇の鋏部分がマスクのように口を覆う独特の風貌となる。
終齢幼虫は体長が5cmほどになり、背に鱗状の翅ができる。

よく晴れた夏の夜、
泥をかぶった幼虫は羽化をするために水面上の石や杭などに姿を現す。
体が滑り落ちないように爪を立てたあとに、
背が割れて薄緑色の成虫が現れる。
成虫は頭部と胸部を抜き、
腹だけで逆さ吊り状態までいったあと、起き上がって腹部を抜く。
白いうろこ状をし、アコーディオン状、
ないし細かいちりめん状に縮んだ翅に体液を送り込んで伸ばし、
さらに腹部を伸ばす。

朝になる頃には体が固まって黒と黄色の模様ができ、
翅も固まって透明になる。
抜け殻を残して飛び立った成虫は
1~2ヶ月の間に小昆虫を捕食して生殖巣を成熟させ、
繁殖行動を行う。


近縁種

カラスヤンマ Chlorogomphus brunneus brunneus Oguma,1926
 体長7.5cmほど。
 ♂の翅はほぼ透明だが、
 ♀の翅は基部から3分の2くらいまで黒褐色になるものから、
 翅全体が黒褐色になるものまでみられる。
 「カラス」の名はこの♀の翅に因んだものである。
 沖縄本島のみに分布する。
 慶良間諸島(渡嘉敷島)には別亜種
 アサトカラスヤンマ C. b. keramensis Asahina,1972 が分布する。
ミナミヤンマ C. b. costalis Asahina,1949
 カラスヤンマの亜種。
 体長7.5~8.5cm(一般に本土のものは大きく、南西諸島産は小さい)。
 ♂の翅はほぼ透明で、
 ♀の翅には前縁に黒褐色の縁取りがある。
 ♀の翅の模様には著しい地域変異があり
 (一般に南へ行くほど黒褐色の縁取りが濃い)、
 ♀を見れば採集地がほぼわかるといわれるが、
 同じ生息域での個体変異も著しい。
 四国南部・九州南部から徳之島にかけて分布する。
オキナワミナミヤンマ C. okinawensis Ishida,1964
 体長7.5cmほど。
 ♂の翅は透明で、
 ♀の翅には前縁にごく薄い縁取りがある。
 ♂・♀共に腹部の黄斑が顕著である。
 台湾にすむヒロバヤンマ C. brevistigma Oguma,1926 に近縁で、
 ヒロバヤンマの亜種とする見解もある。
 沖縄本島北部のごく限られた場所に分布する。
イリオモテミナミヤンマ C. iriomotensis Ishida,1972
 体長8cmほど。
 ♂の翅はほぼ透明で、
 ♀の翅には全体を取り囲むように縁取りがある。
 ♂・♀共に腹部の黄斑が顕著である。
 台湾のタイワンミナミヤンマ C. risi Chen,1950 に近縁である。
 西表島のみに分布する。


(出典:フリー百科事典『Wikipedia オニヤンマ』)



IMG_0986.jpg


種名: オニヤンマ
撮影地点: 埼玉県入間市宮寺地内 (さいたま緑の森博物館)
撮影日: 20100828
撮影: GC8-MASARU





本ブログ「気ままDRIVE」での昆虫類検索は以下のリンクから!

   気ままDRIVE的 !? 昆虫類つれづれ (記事インデックス)



※ フィールドを持ち歩いての同定にはこちらがオススメ!

日本の昆虫 (フィールド・ガイド)日本の昆虫 (フィールド・ガイド)
(1993/07)
三木 卓

商品詳細を見る


※ よろしければ、ポチッと!
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
TREviewblogram投票ボタン

(今回のグリムスキーワードは、チョウ)
・・・キーワード探しは少しお休み!!

昆虫採集と標本製作をするには、様々なアイテムが必要である。
ここでは、いくつかのアイテムを紹介しておくことにする。

昆虫シーズン到来前に、最低限のアイテムを揃えておくことをオススメしたい。

まずは、昆虫採集には、網やカゴがセットになったこちらがオススメ!

あみ虫かごセットあみ虫かごセット
(2008/04/25)
不明

商品詳細を見る


採集した昆虫を飼育したり、標本にしたりするマニュアルとして、
こちらを参照されたい。

虫を採る・虫を飼う・標本をつくる (虫の飼いかた・ 観察のしかた)虫を採る・虫を飼う・標本をつくる (虫の飼いかた・ 観察のしかた)
(1998/03)
海野 和男筒井 学

商品詳細を見る


※ 専門的な昆虫類の同定に役立つ逸品!

ポケット版 学研の図鑑〈1〉昆虫 (学研の図鑑 (1))ポケット版 学研の図鑑〈1〉昆虫 (学研の図鑑 (1))
(2002/04)
岡島 秀治

商品詳細を見る

昆虫の生態図鑑 (大自然のふしぎ)昆虫の生態図鑑 (大自然のふしぎ)
(1993/07)
川上 親孝

商品詳細を見る

スポンサーサイト
身近なチョウ29 ダイミョウセセリ … 埼玉県入間市宮寺地内 (さいたま緑の森博物館) | HOME | 里山のトンボ16 オオシオカラトンボ vol.4 (♀) … 埼玉県入間市宮寺地内 (さいたま緑の森博物館)

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。