キャッシング
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08« 2017/09 »10

愛車のことはココで

漂流中~♪










アフィリエイトはアクセストレード
7年以上の運用実績
広告主は1400社以上の大手ASP

Ranking

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

TREview
blogram投票ボタン
r_bana_10.jpg
ブログのランキング★アクセスが増えるブログランキング登場!!

RSSリンクの表示


RSS新着情報

あし@



アクセスアップに!
無料ファミリー登録を!!

リンク

このブログをリンクに追加する

edita訪問者

edita.jp【エディタ】
口コミマーケティングをお考えならモニタープラザ

その他のツール


My Yahoo!に追加
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策



SEO対策
ドライブ 淡水魚 昆虫
 



コラブロ

珈琲まめ・・・

ADgger

アフィリエイト

グーバーウォーク

プロフィール

GC8-MASARU

Author:GC8-MASARU
愛車インプレッサ!
愛車でのドライブこそ生きがいだが、
なかなか出かけられない毎日。

そんなときには趣味があるさ。
ということで、
同居人のライギョのカム
蛾など昆虫採集
民具収集
小物・雑貨収集
など多趣味を交えて紹介する。

めくるめく蛾の世界
気ままDRIVE的!? チョウの世界
気ままDRIVE的!? 昆虫類つれづれ
気ままDRIVE的!? その他の生物図鑑
別館 気ままDRIVE
blogram投票ボタン

MicroAd



マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

rakuten-ad



Trend Match


最新記事

ニクキュ~!


ニャンコにはいい家具がお似合い?

最新コメント

Amazon

カテゴリ

無料HP作成ならココ!

アンケートモニタ募集!


マクロミルへ登録
新規モニター登録

月別アーカイブ

栽培中~♪

パプリカ栽培中です。
皆さんの「はげまし」「お世話」が鍵。
クリックヨロシクっ!!

スペシャルサンクス

grems

Blogつくるなら!

gooあしあと




ジオターゲティング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近なチョウ30 オオムラサキ (♂) … 埼玉県入間市宮寺地内 (さいたま緑の森博物館)

グリムスキーワード 京都議定書



8月28日朝、
さいたま緑の森博物館に行った。


朝からもの凄くいい天気。


もちろん気温もどんどん上昇中…(;´Д`A ```



IMG_0881.jpg


森の中を歩いて、
樹液のでる大きなクヌギの木の前に行き、
樹液の部分を確認すると…


多くのスズメバチの中に
1頭のオオムラサキ(♂)を見つけた。



IMG_0892.jpg


少し遅い気がするな…などと思いつつ、
じっくり見てみると…、


…ヤッパ、ボロボロ…(ノ◇≦。)


今年のオオムラサキももう見納めだな…。



IMG_0894.jpg


木陰でだいぶ暗い環境だったけど、
今年最後のオオムラサキを何とかカメラに収めようと、
粘って何度もシャッターをきってみた。


来年はキレイな状態のオオムラサキの写真が撮れるといいな。


(撮影機材: デジイチ EOS Kiss Digital
        レンズ SIGMA 70-300 DG Macro)



IMG_0899.jpg


オオムラサキ
Sasakia charonda (Hewitson, 1863)


【保全状態評価】

 : 準絶滅危惧 (環境省レッドリスト)

240px-NT.jpg


界: 動物界 Animalia
門: 節足動物門 Arthropoda
綱: 昆虫綱 Insecta
目: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科: アゲハチョウ上科 Papilionoidea
科: タテハチョウ科 Nymphalidae
亜科: コムラサキ亜科 Apaturinae
属: オオムラサキ属 Sasakia
種: オオムラサキ S. charonda

英名: Great purple emperor


オオムラサキは、
チョウ目(鱗翅目)・タテハチョウ科に分類されるチョウの一種。
学名は Sasakia charonda(Hewitson, 1863),
中国名は「大紫蛺蝶」。


概要

日本に分布する広義のタテハチョウ科の中では最大級の種類。
生態や幼虫、蛹の形態は同じコムラサキ亜科のゴマダラチョウによく似る。

成虫は前翅長50~55mmほどで、
オスの翅の表面は光沢のある青紫色で美しい。
♀は♂より一回り大きいが翅に青紫色の光沢はなく、こげ茶色をしている。

北海道から九州まで日本各地に分布し、
日本以外にも朝鮮半島・中国・台湾北部・ベトナム北部に分布している。
国内では生息環境が限られ、
適度に管理された、やや規模の大きな雑木林を好んで生息する傾向が強い。
かつては東京都区内の雑木林でも見られた。
都市近郊では絶滅の危機に瀕する産地もある一方、
山梨県のように今でも広域に多産する地域がある。

成虫は年に1回だけ6~7月に発生し、8月にも生き残った成虫を見かける。
花の蜜は吸わず、クヌギやコナラといった広葉樹の樹液などに集まるが、
その生態は勇ましく、
スズメバチなど他の昆虫を羽で蹴散らしながら樹液を吸う姿を良く見かける。
また、飛翔能力が高く、
近くに居る時にはその音が聞こえる程、鳥の様に力強くはばたいて、
あるいは滑空しながら雄大に飛ぶ。
縄張り飛翔は午後に行われることが多く、
西日を浴びて高い樹冠を活発に飛び回る姿を見かける。

幼虫の食樹はエノキやエゾエノキ。
卵から孵った幼虫は、夏から秋にかけてエノキの葉を食べて成長する。
冬は地面に降りて、食樹の根際や空洞内に溜まった落ち葉の中で越冬する。
春に休眠から覚めると再び食樹に登って葉を食い、
更に成長を続け、蛹になる。

日本国内での地理的変異はやや顕著。
北海道から東北地方の個体は翅表の明色斑や裏面が黄色く、小型。
西日本各地の個体は一般に大型で、
翅表明色斑が白色に近く、かつ裏面が淡い緑色の個体も多い。
九州産は翅表明色斑が縮小し、一見して黒っぽい印象を与える。
日本国外では、裏面に濃色の斑紋が出現した型が多く見られ、
また、雲南省からベトナムにかけての個体群は明色斑が非常に発達する。


国蝶であること

国蝶をどのように選ぶべきか、あるいはどの種類にすべきか、
ということについては、
古く1933年頃より片山胖、結城次郎、中原和郎などにより
Zephyrusという同好会誌上で論議されていた。
そして、当時からオオムラサキはその候補種だった。
実際には1957年になって日本昆虫学会で国蝶として選ばれた経緯があり、
「日本における代表的な大型美麗種」
という観点での選抜意見が強く働いたと推定される。

しかし、
本種は上述したようにベトナム北部から中国東北地方にまで及ぶ
東アジアの広域分布種であり、日本の自然環境を代表する種ではない。
候補種のうちギフチョウと最後まで争ったのも、この点に起因する。
したがって、
本種が最初に発見されたのが日本であること(種の基産地は神奈川県)、
ならびに属名の Sasakia
佐々木忠次郎に献名されたことを考えたとしても、
現在では本種が「国蝶」であることを強調し、
あるいは「国蝶」であるゆえに
他のチョウとは何か異なった重要性や希少性があるような論議には
あまり意味がないと考えられる。


保護

本種は環境省により準絶滅危惧(NT)に指定されてはいるものの、
都市近郊で雑木林が寸断されている場所を除けば、
減少あるいは絶滅の心配はあまりない。
たとえば、
今でも東京近郊の八王子市や町田市、あきる野市、横浜市緑区などで
冬季に越冬幼虫を探せば難なく発見できる。
成虫が一般に珍しいと思われがちなのは、
あまり人目につかないところを飛翔する生態に原因がある。
なお、多数の成虫が飛ぶ地域を観察すれば理解されるように、
クヌギの古木から発酵した樹液が出ていたり、
道路に獣糞の落ちているような雑木林を保全することが重要なのは言うまでもなく、
そのためには適度な伐採と再生や下草刈りなどが重要である。
逆に手入れが行き届きすぎて林床の落ち葉をすっかり清掃してしまう公園等では、
いくらクヌギやエノキが豊富でも生息できない。
また、より美麗であるオス成虫は、
小中学生の夏休みには既に最盛期を過ぎて
いわゆる「ボロ」の個体ばかりであるため、遭遇率が低い。


(出典: フリー百科事典『Wikipedia オオムラサキ』)



IMG_0900.jpg


種名: オオムラサキ (♂)
撮影地点: 埼玉県入間市宮寺地内(さいたま緑の森博物館)
撮影日: 20100828
撮影: GC8-MASARU





本ブログ「気ままDRIVE」でのチョウ類検索は以下のリンクから!

   気ままDRIVE的 !? チョウの世界 (記事インデックス)





※ フィールドを持ち歩いての同定にはこちらがオススメ!

蝶 (新装版山溪フィールドブックス)蝶 (新装版山溪フィールドブックス)
(2006/05)
松本 克臣

商品詳細を見る

日本産蝶類標準図鑑日本産蝶類標準図鑑
(2006/08)
白水 隆

商品詳細を見る



※ よろしければ、ポチッと!
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
TREviewblogram投票ボタン

(今回のグリムスキーワードは、チョウ)
・・・キーワード探しは少しお休み!!

昆虫採集と標本製作をするには、様々なアイテムが必要である。
ここでは、いくつかのアイテムを紹介しておくことにする。

昆虫シーズン到来前に、最低限のアイテムを揃えておくことをオススメしたい。

まずは、昆虫採集には、網やカゴがセットになったこちらがオススメ!

あみ虫かごセットあみ虫かごセット
(2008/04/25)
不明

商品詳細を見る


採集した昆虫を飼育したり、標本にしたりするマニュアルとして、
こちらを参照されたい。

虫を採る・虫を飼う・標本をつくる (虫の飼いかた・ 観察のしかた)虫を採る・虫を飼う・標本をつくる (虫の飼いかた・ 観察のしかた)
(1998/03)
海野 和男筒井 学

商品詳細を見る


※ 専門的な蝶類の同定に役立つ逸品!

日本産蝶類大図鑑 (図版編)日本産蝶類大図鑑 (図版編)
(1997/12)
藤岡 知夫

商品詳細を見る

原色日本蝶類図鑑 全改訂新版 (保育社の原色図鑑 1)原色日本蝶類図鑑 全改訂新版 (保育社の原色図鑑 1)
(1976/04)
川副 昭人若林 守男

商品詳細を見る

原色日本蝶類生態図鑑 (1) (保育社の原色図鑑 (64))原色日本蝶類生態図鑑 (1) (保育社の原色図鑑 (64))
(2000)
福田 晴夫

商品詳細を見る

原色日本蝶類生態図鑑 (2) (保育社の原色図鑑 (65))原色日本蝶類生態図鑑 (2) (保育社の原色図鑑 (65))
(1983/01)
福田 晴夫

商品詳細を見る


スポンサーサイト
身近なチョウ31 キタテハ vol.4 (夏型) … 埼玉県入間市宮寺地内 (さいたま緑の森博物館) | HOME | 草の中で獲物を狙う3 オオカマキリ vol.3 (幼虫)  … 埼玉県所沢市上山口地内 (多摩湖周辺)

COMMENT

シーズンって重要ですね
ボロボロの翅の子達をみると
ちょっと切ないような、寂しいようなそんな気がしますね。
綺麗に翅を広げたカットが一杯なので
これで翅が綺麗だったら…と思っちゃいますよね
2010/09/11(土) 21:42:48 | URL | いんぷ555 #1wIl0x2Y [ Edit ]
ホントですねぇ…
なんか切なくなっちゃいましたよ…。
今年はなかなか遭遇機会に恵まれず、
いい写真があまりなかったのですが、
来シーズンこそ何とか撮りたいものですね。

…結局その後は出会ってません(ノ_・。)
2010/09/12(日) 14:16:40 | URL | マサルさん #- [ Edit ]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。